案内

美容外科で美しさを得る~ナチュラル美人になる秘訣~

若返りの美容整形

レディー

リフトアップ手術の種類

美容外科クリニックなどでたるみをリフトアップする手術には、フェイスリフト手術、糸によるリフトアップ手術などがあります。確実にたるみをリフトアップできるのが、フェイスリフト手術です。こめかみや頭皮、耳の生え際など目立たない部分を切開して、皮膚を引っ張りあげ、余った部分を切除します。フェイスリフト手術にも、ごく最小限に行うミニリフト、こめかみ部分のみを引き上げるポニーテールリフト、首のたるみを解消するネックリフトなどの種類があります。手術方法にはSMAS法やリガメント法などがあります。SMAS法では、皮膚と骨の間にあるSMAS筋膜をいったん剥離し、皮膚と一緒に引き上げてリフトアップします。リガメント法では靭帯を骨から剥離して一緒に引き上げて固定します。リガメント法のほうが難易度が高く、リスクが高い手術です。しかし、成功すれば強力なリフトアップ効果が得られます。「顔にメスを入れるのが怖い」という人にお勧めなのが、糸を使って行うリフトアップ手術です。糸のリフトアップには、ゴールデンリフト、ハッピーリフト、フェザーリフトなどがあります。ゴールデンリフトは金の糸とも言われていて、純金の糸を顔の中に埋め込みます。しばらくすると糸のまわりのコラーゲンが生成され、次第にハリが出てきます。ハッピーリフトは解ける糸を使って行う手術です。毛羽立ちのある糸の繊維が皮膚をひっかけて、たるみができている皮膚を引き締める作用があります。フェザーリフトもとげがついている糸が皮膚をひっかけ、リフトアップする効果があります。

クリニックの選び方

フェイスリフトやゴールデンリフトなどの美容外科クリニックで受けられる若返り手術には、大きなリスクを伴います。顔を直接いじるのですから、失敗は許されない手術です。特にフェイスリフト手術は、知識が豊富で熟練した医師に執刀してもらう必要があり、経験不足の医師に任せると失敗するリスクが高くなります。若返り手術だけに限らず、美容外科を利用するときに大事なのがカウンセリングです。美容外科クリニックではどこでもカウンセリングを行っています。無料で行っているところも沢山あるので、とりあえず複数のクリニックでカウンセリングを受けてみることが大切です。カウンセリングをすることで、医師の人柄や誠実さ、信頼度などが分かります。手術をするときに大切なのが、執刀する医師を信頼することです。信頼できない医師に執刀してもらうことは後悔の元となります。沢山話し合ってみて、「この人なら大丈夫」と思えるような医師と巡り会えば手術への第一歩が踏み出せます。手術のリスクについて一切説明せず、メリットばかりを話す医師には注意が必要です。また、カウンセリングをカウンセラーと称する女性スタッフや看護師がしているクリニックにも、注意をする必要があります。大手美容外科クリニックほど医師ではなくカウンセリングは別の人が担当していることが多く、分業制になっています。カウンセリングは執刀する医師が担当するのが基本中の基本です。もしもそういうクリニックにあたったら手術は避けたほうが無難です。